校長挨拶

ごあいさつ

 桜修館中等教育学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。校長の鳥屋尾(とやお) 史郎と申します。
 桜修館中等教育学校は平成18(2006)年4月、都立大学附属高等学校を母体校として開校し、既に9期生までを卒業生として送り出しました。校訓として「真理の探究」を掲げ、高い知性と広い視野、強い意志を育てています。また、「6年間の一貫した教育活動の中で、世界の中の日本人としてのアイデンティティをもって国際社会を担う人材を育成する」ことを教育方針とし、国際社会に貢献できる人材を育成しています。
 特色ある教育活動として、文章や相手の話を筋道を立てて理解し、ものの見方や考え方をひろげようとする態度を育てるため、前期課程(中学生)の1年次から3年次まで学校設定科目「国語で論理を学ぶ」と「数学で論理を学ぶ」を設置しています。また、5年次になると、自らテーマを決めて研究を行い5000字の研究論文を執筆し、6年次ではその論文の要旨を英語でまとめるなどの活動も行っています。さらに、ドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語、ハングルから選択する第二外国語の学習、英語合宿やニュージーランド(オーストラリア)への語学研修(希望制)、アメリカリーダー養成研修(希望制)、海外修学旅行など多様な国際理解教育の取組も行っています。
 学校行事や部活動にも熱心に取り組み、生徒の幹部が取り仕切る三大行事は学校全体で盛り上がり、「桜修館は団体戦」であることを実感することができます。
 こうした特色ある教育活動により、毎年高い進学実績を上げています。しかし、進学実績だけではなく、人間として成長することができる学校として、高い評価をいただいています。こうしたことは府立高等学校、都立大学附属高等学校から引き継いだ自主自律の精神、目黒区八雲の恵まれた学習環境によるところも大きいと考えます。
 さて、2020年はオリンピック・パラリンピックが東京で開催され、輝かしい年となるはずでした。コロナウィルス感染症の拡大によって、こうした行事の延期や制限が生じています。本校においても特色ある教育活動のいくつかを延期せざるを得ない状況ではありますが、厳しい状況に打ち克ち、教職員一同で力を合わせ、生徒たちの自己実現、進路実現を達成していく所存です。
 今年度もホームページでは、本校の取組や生徒の様子をできるだけ多く更新し、紹介していきます。また、学校公開行事や学校説明会等のご案内も掲載していきます。本校志望の方はぜひ学校までいらっしゃってください。お待ちしています。


校長 鳥屋尾 史郎
 
2020年4月1日
 
〒152-0023 東京都目黒区八雲1丁目1番2号
電話 : 03-3723-9966 ファクシミリ : 03-3724-7041