避難訓練と9月全校集会

避難訓練と9月全校集会の様子

 防災の日の9月1日、全校集会に先立ち、避難訓練を実施しました。全校生徒が速やかに校庭に避難し、副校長講話ののち、目黒消防署八雲出張所長から講評を頂きました。





 避難訓練ののち、体育館に場所を移して、全校集会を実施しました。全校集会では、校長講話、夏季休業中に活躍した各種団体・個人の表彰を行いました。

校長講話

 皆さん、おはようございます。
 40日余りにわたった夏季休業ですが、皆さんは自分自身が定めた目的に向かって、計画通りに過ごすことができましたか。きっと、勉強や読書、部活動や合宿、各種の大会やコンクール、海外語学研修や英語合宿、記念祭の準備等に取り組み、充実した日々を送ってくれたことと思います。
 今日、皆さんの元気な顔を見ることができ安心しましたが、もし、今悩んでいることや心配なことがあったら、先生をはじめ誰でもよいですからすぐに大人に相談してください。学校は、必ず皆さんの力になります。
 さて、この夏、私は4年生の海外語学研修に同行してニュージーランドに行き、ウェリントンにあるワイヌイオマタ・ハイスクールと姉妹校締結を結んできました。両校の校長が締結したときに握手を交わす写真がホームページに掲載されていますが、皆さんは見てくれたでしょうか。ワイヌイオマタ・ハイスクールとは、昨年から海外語学研修を受け入れていただき交流が始まりましたが、今回公式に姉妹校となりましたので、さらに関係を深める取組を行ってきます。さっそく、9月末から10月初めにかけて、あちらの学校の先生3名と生徒12名が来日し、本校生徒のご家庭にホームステイをしながら、様々な交流活動をする予定でいます。4年生、5年生を中心に生徒の皆さんにもいろいろアイデアを出してもらいながら、全校で交流を進めていきたいと思いますので、よろしくお願いします。
 姉妹校締結の記念として、あちらの校長先生からこのクリスタルの置物をいただきました。何をデザインしたものかわかりますか。これはマオリ語でコル(koru)と呼ばれる、未だ展開しきらない渦巻状のシダの新芽をモチーフにしたもので、ニュージーランド航空のロゴマークにもなっています。このコルは、「新生」「成長」「力」「平和」の象徴であると言われています。ニュージーランドでは、樹木まで成長するシダ植物が自生しているのが特徴で、特に大木に成長するシルバー・ファーンと呼ばれるシダが有名で、その銀白色の葉は神秘的で、マオリ人の信仰の対象となっています。ラグビーのニュージーランド・ナショナルチームであるオールブラックスのロゴにも使われているので、皆さんも知っていると思います。
 ニュージーランドは、マオリ系、ヨーロッパ系、ポリネシア系、アジア系など多種多様な民族が暮らしており、まさに人種のるつぼです。これほど多彩な文化が混在している国は世界でもあまり例がありません。そんな多様性を尊重するニュージーランドの学校と姉妹校交流をすることによって、生徒の皆さんはいろいろなことを学ぶことができると思います。特に、グローバル化やダイバーシティ等について深く考えることができるようになると思いますので、両校の交流に積極的に取り組んでいってください。
 最後になりますが、来週には記念祭が開催されます。夏休み中から準備を進めているところも多いと思いますが、皆さんのパワーを発揮して、すばらしい記念祭を創っていってください。期待しています。
 私からの話は以上です。





各種団体・個人の表彰
 前後期弓道部、前後期吹奏楽部、後期男子硬式テニス部、後期女子硬式テニス部、創作部、日本文化部かるた班、前期陸上競技部
 
















2017.9.1.
 
〒152-0023 東京都目黒区八雲1丁目1番2号
電話 : 03-3723-9966 ファクシミリ : 03-3724-7041