始業式

始業式

 4月6日(金)、桜修館の新年度が始まりました。
 クラス分け発表ののち全員で体育館に移動し、まず着任式を行いました。鳥屋尾(とやお)新校長の自己紹介に続いて、着任した教職員が校長から紹介され、着任教職員を代表して中村副校長が挨拶を行いました。


 着任式に続いて、始業式を行いました。
校歌斉唱(伴奏の前期吹奏楽部)


校長講話


 私から、年に何回か生徒の皆さんにお話する機会がありますが、今日は皆さんにお会いして最初の話なので、皆さんにどんな人になっていって欲しいか、そのためにどんなことを大事にして学校生活を送って欲しいか、という話をします。
 まずどんな人になって欲しいかという話です。一つ目は、世界の多くの人と関係性をもち、いろんな人に影響を与えることができる人、です。例として紹介したいのは、現日本IBM最高顧問、日本IBM社長、会長を歴任した北城 恪太郎(きたしろ かくたろう)氏という方です。お話しを聞いたのが随分と前なので、「とにかく英語を一生懸命勉強した」というお話があったこと以外の具体的な内容は忘れてしまっているのですが、引き込まれるような魅力的な話し方だったという印象があります。慶応大学工学部を卒業し、カリフォルニア大学バークレー校で修士となった方で、経営者としIBMを大型コンピュータを開発、製造、販売する会社から、コンピュータを使ったサービスを提供する会社へ大転換させました。英語が得意で、多くの人を魅了する話し方ができるからこそ、強い影響力を発揮して多国籍の人が働いている大企業で、経営者として成功したのではないかと思います。
 もう一人例として紹介したいのは、アテネオリンピックのときの女子バレーボールのキャプテンだった吉原 知子(よしはら ともこ)氏です。この方は昔の日立という実業団を解雇されたあと、大林素子さんという今解説者となっている人と一緒にイタリアに渡り、プロ選手となりました。全日本のキャプテンとして活躍した後、筑波大学大学院に入学して専門的な勉強を行い、現在はVリーグのJTマーヴェラスの監督です。お会いしてお話ししたときの印象は、とても強烈なオーラをもった人で、圧倒的なエネルギーを感じました。アテネオリンピックでのこの方の活躍を、皆さんは知らないかもしれませんが、この方のアスリートとしての気高さや凛とした態度に多くの人が影響を受けました。平昌オリンピック、パラリンピックのときもそうでしたが、私たちはアスリートの活躍にとても強い影響を受けます。
 皆さんにはこの方々のように世界の人と関係をもつことができ、かつ多くの人に影響を与えられる人になってもらいたいと思っています。
 どんな人になってほしいかという二つ目は、世界の人々が幸せになるようなことを、発見したり発明したりする人です。例として紹介したいのは、アメリカ国立がん研究所の研究者である小林 久隆(こばやし ひさたか)氏です。この方は「近赤外光線免疫治療法」という画期的ながんの治療法を開発しました。この人とは私は会ってはいなくて、テレビで研究内容を見ただけですが、この治療方法が確立することで病気から救われる人が世界中にいると思います。もう一人はアートディレクターの水谷 孝次(みずたに こうじ)氏です。この方は1980年代に広告ポスターディザイナーとして活躍し、現在は「デザインは奇跡を起こす」という考え方の下、メリープロジェクトという取組をしています。メリープロジェクトとは、子供たちの笑顔の写真をカサにプリントし、それをたくさん並べることで人々が幸せになっていくというものです。お話ししたところ、とてもユニークな発想をすることができる方でした。
 今、4人の方を紹介しましたが、こうしたことを踏まえた上で皆さんにどんな学校生活を送る上で大事にして欲しいことが4点あります。
 ・基礎基本をしっかりと身に付け、教養や知性を大事する。
 ・自分とは異なる考えの人、特に異文化の人とのコミュニケーションをとり、その考え方を大事にする。
 ・知的な好奇心をもって毎日を過ごし、日々の発見を大事にする。
 ・自分の人生を前向きに考え、選択は常に挑戦的、積極的である。
ということです。ちなみに最初に紹介した北城氏のモットーは、「あ・た・ま」で、明るく、楽しく、前向きの頭文字だそうです。
 新しい年度が始まりますね。気持ちを新たに、いい学年となりますように。いろんなことにチャレンジしていきましょう。以上で私の話を終わります。


表彰(前期野球部、11期生と12期生のディベート有志の会、後期野球部、後期男子テニス部、後期女子テニス部、弓道部)












研究論文コンクール最優秀賞受賞者による概要説明




分掌主任・クラス担任の紹介


2018.4.6.
 
〒152-0023 東京都目黒区八雲1丁目1番2号
電話 : 03-3723-9966 ファクシミリ : 03-3724-7041