沿革

沿革

1929年(昭和4年)2月、府立高等学校(尋常科4年、高等科3年の7年制)として設立
 初代の川田正澂校長は、「英国イートン校の教育に倣い、格調高い人物養成を軸に、日本の旧制高等学校の伝統である自由と正義を重んじ、真理を愛好する自主的な高校精神」を教育理念とした
1929年(昭和4年)4月、東京府麹町区永田町の東京府立第一中学校(現・日比谷高等学校)内で開校
1932年(昭和7年)4月、東京府荏原郡碑衾町(現在地)に移転
1943年(昭和18年)7月、東京都制の実施に伴い、都立高等学校と改称
1948年(昭和23年)4月、新学制により、都立高等学校尋常科第4学年を東京都立新制高等学校第1学年とする(都立高等学校高等科は1949年設立の東京都立大学の母体となる)
1949年(昭和24年)4月、男女共学制実施
1949年(昭和24年)12月、東京都立大学附属高等学校と改称
1950年(昭和25年)1月、東京都告示により東京都立大学附置学校となる
1991年(平成3年)3月、東京都立大学が八王子市南大沢へ全面移転
2004年(平成16年)4月、東京都立大学附属高等学校内に目黒地区中等教育学校(仮称)の開設準備室が設置され、初代校長 石坂康倫、開設準備室に着任
2005年(平成17年)10月、校名が東京都立桜修館中等教育学校に決定
2006年(平成18)4月、東京都立桜修館中等教育学校、開校(東京都立大学附属高等学校は2011年3月をもって閉校)
2009年(平成21年)4月、第2代校長 須藤勝、着任
2011年(平成23年)4月、第3代校長 小林洋司、着任
2014年(平成26年)4月、第4代校長 金田喜明、着任
2018年(平成30年)4月、第5代校長 鳥屋尾史郎、着任

※校章、校旗、校歌は府立高等学校以来のものを使用している
 
〒152-0023 東京都目黒区八雲1丁目1番2号
電話 : 03-3723-9966 ファクシミリ : 03-3724-7041