印刷

前期課程11月全体朝礼の校長講話

前期課程11月全体朝礼の校長講話

 11月の前期課程(中学校)全体朝礼における校長講話を掲載致します。

校長講話

 今日は前期生へのお話なので、分かりやすい話をしたいと思います。「あなたの行動は美しいですか?」という話です。
 街を歩いていると、美しくない行動によく出会いますね。電車の中で優先席に座り、スマホに熱中して、目の前に優先席を必要としている人がいても無視をしている人。美しくないですね。先週のハロウィンで、渋谷で起きた数々の騒動。これも美しくない。私たちは他人の美しくない行動はすぐに気がつくし、それを非難することはとても得意です。だから、ネット上では、他人を非難する書き込みがゴマンとあって、ものによってはゴマン以上あって炎上してしまっています。炎上の原因となった誰かの行動は美しくないかもしれないけれども、それを非難する多量の書き込みをして炎上させている人たちの行為も、果たして美しいだろうか?
 これからの時代は、自制心と謙虚な気持ちを常に忘れずに、自分が美しくない行動をしないように自律していくことが、とっても大事です。
 皆さんは、自分は美しくない行動をしていないと言うことができますか?実は美しい行動を常に行うことができるって人間としてきわめてレベルが高いことです。なぜなら、それができるようなるには、自分の弱さや欲に打ち勝つ気持ち、克己と言いますが、が必要ですし、そのために辛抱や我慢をする訓練を日頃から実践していることも必要になります。自分の限界を超えて、何か厳しいことを自らに課すようなことをして、初めて美しい行動って取れるように感じています。
 桜修館の生徒諸君は、とても優秀ではありますが、克己や、辛抱すること我慢することをやってきたのかというと、そういう訓練は全くやっていない人がほとんどでしょう。だから、皆さんが美しくない行動をとってしまっても仕方がないのかなあと思うこともありますが、でも、9月以降起きたことの中には、美しくない行動がいくつもあったように思います。学校の施設を誤った使い方をした人がいました。美しくないですね。SNSの誤った使い方をした人も美しくないです。
 そういう間違ったことをしても、「楽しければいいんだ」「自分さえよければいいんだ」って考えている人、全く美しくないです。
 日本の社会全体の風潮として、若者にきちんと辛抱や我慢すること、自分を鍛えることの大切さを教えるのを、避けるようになってきています。本当にそれでいいのか?美しい行動は人間としての品位や、高潔な人格の完成へとつながっていきます。今の社会の風潮に乗っかって桜修館の生徒諸君が美しくない行動をとってしまわないように、皆さんにお願いしたいと思って今日はお話をしました。以上です。

2018.11.6.
 
〒152-0023 東京都目黒区八雲1丁目1番2号
電話 : 03-3723-9966 ファクシミリ : 03-3724-7041