研究論文コンクール

平成30年度研究論文コンクール

 本校では、論理的な思考力の育成を教育活動の大きな目標の一つとしています。
 通常の各授業で論理的思考力育成を図るだけでなく、1~3学年では「国語で論理を学ぶ」「数学で論理を学ぶ」という本校独自の科目を設置しています。また、5学年では生徒が自分でテーマを決めて担当教員の指導を受けながら1年間かけて論文を作成し、外部の方も含めた論文委員会が審査する「研究論文コンクール」を行っています。
 今年度のコンクールは、以下の論文が受賞しました。

最優秀賞
「プラスチック素材の耐久性と製品用途」
「文章の『古さ』『読みにくさ』についての一考察」
 
優秀賞
「耐震構造と地盤の関係から考える地震対策」
「認知症患者、家で看るか、施設で看るか」
 
奨励賞
「食品添加物との付き合い方」
「どうすれば刑務所は更正施設として機能するのか」
 
努力賞
「人はどのようなものを信じやすいか ~第一印象を判断に影響させないために~」
「日本とアメリカで比較する学校制度 ~生徒の立場から見たPC導入におけるメリット・デメリット~」

2019.3.25.
 
〒152-0023 東京都目黒区八雲1丁目1番2号
電話 : 03-3723-9966 ファクシミリ : 03-3724-7041