印刷

【4・5・6年生保護者の皆様向け】多子世帯における都立学校授業料等の支援事業

【4・5・6年生保護者の皆様向け】多子世帯における都立学校授業料等の支援事業について
※本制度は、授業料徴収対象である4・5・6年生が対象です。

東京都では、令和2年4月より「多子世帯における都立学校授業料等の支援事業」を開始しました。
本事業は、当該世帯の都立学校に通う生徒の授業料を1/2に減額する制度です。
制度の対象となるのは、以下の2点を満たす世帯です。
(1)所得制限により就学支援金の対象外である世帯
  ※就学支援金が受給できる世帯は本制度の対象外です。
(2)保護者等が扶養する23歳未満の子が3人以上いる世帯


制度の詳細は、下記リンクからチラシをご確認ください。
 
多子世帯における授業料減額事業 チラシ(令和2年4月版) (PDF)
 
申請書類および記入例は以下のとおりです。
申請をされる方は、記入例をよくご参照のうえ、記入漏れがないようご注意ください。
 
○申請書類
(1)授業料通信教育受講料減免申請書 (PDF)
(2)扶養親族等状況届 (PDF)
(3)扶養する23歳未満の子3人以上の健康保険証のコピー
 
○記入例
【記入例】授業料通信教育受講料減免申請書 (PDF)
【記入例】扶養親族等状況届(健康保険証により扶養が確認できる場合)(PDF)
【記入例】扶養親族等状況届(国民健康保険の場合等、保険証で扶養が確認できない場合)(PDF)
 
○提出期限
5・6年生については、4月23日(木)までに申請いただければ、4月末日の授業料口座振替を停止し、翌月末に改めて減額後の金額で授業料口座振替を行います。
 
4年生については、5月25日(月)までに申請いただければ、5月末日の授業料口座振替を停止し、翌月末に改めて減額後の金額で授業料口座振替を行います。
申請は随時受け付けております。授業料減額は申請した月からの対象となります。

なお、令和2年度については、令和2年6月末日までに申請いただければ、4月分授業料からの減額となります。
 
※就学支援金申請者について、就学支援金が不認定となった場合、就学支援金不許可の通知を受け取ってから30日以内の申請により、就学支援金の申請時点まで遡って減額が適用されます。
 
○提出場所 東京都立桜修館中等教育学校 経営企画室
郵送の場合は、個人情報でございますので、簡易書留・特定記録等での送付をお勧めします。
遅配、不配等郵便事故の責任は負いかねます。
 
 
《問い合わせ先》
東京都立桜修館中等教育学校 経営企画室
〒152-0023 東京都目黒区八雲1-1-2
電話  03-3723-9966
FAX 03-3724-7041
 
〒152-0023 東京都目黒区八雲1丁目1番2号
電話 : 03-3723-9966 ファクシミリ : 03-3724-7041